30歳を超えると加齢臭は出てくる

30代に入ると加齢臭がする時期になります。これはかなりの確率でする臭いですね。おじさん臭いという感じでしょうか。この加齢臭にはもちろん原因があります。

私も娘に加齢臭を指摘される年齢になりました。正直結構キツイですね、娘に臭いって言われると。特にワキガもあるので臭いを指摘されると辛い思いをします。

そこで加齢臭の原因についてご紹介したいと思います。

加齢臭の原因は「ノネナール」という物質なのですが、この成分は皮脂腺の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって作られる物質になります。

最近では生活習慣の違いから加齢臭になる年齢層も高くなってきています。このような年齢になるとパルミトオレイン酸、過酸化物質共に増加するので加齢臭が起き易くなるそうです。

若い年齢の男性や女性にはノネナールはほとんど存在しません。この為、年齢を重ねる事によって起りやすくなる臭いなので加齢臭と呼ばれるのです。

加齢臭の原因でもあるノネナールを増やしてしまうのは?ノネナールの原料になるパルミトオレイン酸は、脂質を多く含む食品を摂ることで増加してしまいます。

牛肉やベーコン、卵、ドレッシング、フライドポテト、チーズやウインナーなどなど、これらはパルミトオレイン酸を増やす原因であり加齢臭をひどくさせる食事になるようです。

ノネナールはパルミトオレイン酸と過酸化脂質が結びつくことで発生するのですが、この過酸化脂質の増加には活性酸素が大きく関わってきます。

活性酸素はストレスを受けた時が増加してしまう一番の要因。その他タバコを吸った時や、栄養を多く摂り過ぎた時などにも発生します。そして過度な運動で酸素を多く体内に摂り入れた時にも発生します。

加齢臭の原因になるノネナールを増やすのは、ストレスを溜め込む生活や日頃の欧米化した食生活、運動不足、あるいは喫煙などが関わっています。

要は一般的に生活習慣が悪いとノネナールを増やしてしまう原因になり、結果的に加齢臭の臭いに結びつくと言う事ですね。

ですから加齢臭対策としては、毎日食べている食品に気をつけたり抗酸化作用のあるものを積極的に食べたり、運動をして健康的な生活を心がけないといけないという事ですね。

後は私も使っているワキガ用のクリームに、加齢臭用のボディーソープがあります。その場しのぎではありますが、毎日そのボディーソープを使って体を洗うだけで次の日は結構加齢臭が少なくなります。

これと一緒に日々の食生活を見直すと加齢臭を出来る限り抑える事が出来るというわけですね。